ロゴ
全新着物件数
一般公開物件数
最終物件更新日
お問い合わせ 会社概要
  自分の目で確かめる
  不動産購入の第一歩
  居住用売買物件一覧 
  事業用売買物件一覧
  小平市マンション一覧
  国分寺市マンション一覧
  東大和市マンション一覧
  仲介手数料最大無料
  希望条件登録
  登録会員様特典
  未公開物件
  会員様ページ入口
  スタッフ紹介
    駅前不動産屋の日々 NEW
  お客様の声
  来店・案内予約
  サイトマップ
  @不動産バブル
  A主導権
  購入までの手順について
  購入申込書について
  重要説明書について
  売買契約書について
  簡単ローン計算
  購入時の諸経費
  売却相談等はこちらから 
  価格査定の裏表       
  媒介契約書の種別とは
  案内優先の特殊ルール 
  不動産と税金
  免責事項について
  個人情報保護方針 
   仲介手数料最大無料について
現材、当社の商圏内に当社と全く同じシステムを採用している同業者が4社ば
かりあります。そして、新築戸建に関しては介手数料無料のサイトが、かなり
の数になります。

手数料競争についてはかなり思い悩みましたが、購入者の立場に立てば、購入
時の経費は少ない方がいいに決まっています。仲介手数料を無料にする理由について、理屈を述べている会社もあるようですが、言い訳は無用です。

しかし、手数料無料の効果があったのは8年ぐらい前までで、手数料競争の激化で、今や手数料最大無料の市場は一部の地域を除いては競争優位の条件ではなくなってしまいました。時代の流れといえばそれまでですが、そこから抜け出す手段を考える時期に来たいるかと思います。

また、最近は、土地を大手不動産から仕入れ、そこに建てる新築戸建の販売について専任媒介を結んでおきながら、自社のホームページに「売主につき手数料無料」として、自社でポータルサイトに出稿している業者もあり、今までにあった仲介業者間の暗黙のルールもほとんど機能しなくなりました。


最近になって、当社でも信じられないような経験をしました、一度当社が案内し、お客様が気に入って購入申し込みを書き、契約日まで設定したのに、前日になり、売りを決めた業者からクレームが付き、その業者で契約したいということをいってきました。

そして、その業者から二番手で購入申込を入れておいて、当社で書いた申込書をキャンセルすれば問題はないのではということを担当者が言ったと言う訳です。それはルール違反ですよといっても、では今回は諦めるとも言いませんでした。

結局、当社で契約予定の日に、その業者と建売業者の方に行き契約したようです。当社が知っている、少々過激な仲介会社の社長だったら、大変なことになったかもという話で、相手の業者と同じレベルになりたくないとこの話からは
降りました。

多棟現場で他にも建売が残っていて、そっちを契約するのなら、まだいいのですが一棟のこりの場合は、たとえ購入しても後味は良くないと思います。このようなことは昔からあったことで、一部で不動産仲介業の業界を「〇〇〇の業界」と言われています。

以前は、不動産情報を入手しようと思ったら、折り込みチラシか、住宅情報誌
、直接不動産会社に行ってみるしかありませんでしたが、現在ではからインターネット環境が整備され、24時間、何時でも情報が手に入ります。

ただ、最終的に物件を内見したり、購入の申し込みをしたり、住宅ローンの申し込みをしたりするようになれば、やはり、仲介業者との接触が必要になります。

宅地建物取引業法では
「宅地建物取引業者が宅地又は建物売買等に関して請求することができる報酬の額(仲介手数料)の最大値は下記のとおりです。

200万円以下の金額 100分の5.4

200万円を超え400万円以下の金額 100分の4.32

400万円を超える金額 100分の3.24+6.48万円以内と、あくまでも

以内の金額であります。


つまり、400万円までは手数料率が200万円ごとに異なり、1000万円
以上の取引の場合は物件価格に3.24%をかけた手数料が限度ですよと定め
られているわけです。

以前は、建売業者の新築一戸建てには、
売主の側から手数料が出ますよなどという仲介業者はいなかったのですが、何時ごろからか、その内幕を暴露 して、いわゆる手数料最大無料をキャッチフレーズにする会社多くなりました。

現在は分かりませんが、神奈川県あたりの新築一戸建てでも手数料が出ない物件もあり、このキャッチフレーズが通用しない地域もあります

また、大手業者や中堅の仲介会社は、自社で土地を仕入れ、土地の分譲や、建築条件付き売地、建売不分譲などを手がけたり、建売業者に土地を仲介し、売りの専任媒介を結んでいる場合などは委任が切れない間は仲介手数料0というわけにはいきません。

けれども最近では、建物が完成しなければなかなか売れなくなりましたから、手数料を払いたくない方は、委任切れを待つのも、一つの方法だと思います。

その間に売れてしまったら諦める。それが嫌でどうしても欲しければ手数料が
かかっても購入するという事になります。また、中には手数料無料なのに、色
々の名目で費用を請求する場合があります。

長々と、ご説明しましたが、当社では次の通りに新築一戸建て購入時の仲介手数料が最大無料になります。

たとえば、3、000万円の新築一戸建を契約した場合の手数料は
3000万円×3.24%+6.48万円=1036.800円(税込)無料になります


メールで希望条件登録をしていただくか、氏名とメールアドレスを通知いただければ、新築戸建は手数料最大無料になります


登録は電話
042-342-5311でもFAX042-342-5445でも、ご来社での申込でもお受けいたします。

当社では、電話をかけたり、訪問などは致しません。連絡はメールでしておりますが、ネット環境の整っていない方の場合は、情報を郵送します。

当社は買主様側の立場で価格交渉等も行います。新着物件のご案内物件のご案内・物件の調査・住宅ローンの手続き、住宅ローのご相談、資金相談、物件についての相談等、手抜きは一切しておりません。

ただ、以上の方式は9月中にはには、一部見直そうと考えています。現在ご登録中の皆様が当社にて新築住宅を購入なされる場合は、従来通り手数料無料にできるものは無料でお取り扱いしますが、それも、期限を10月いっぱいまでにさせて頂きます


それ以後については、新方式での仲介手数料方式に変えさせていただきます。新しい方式については、お問い合わせて登録して頂いたお客様にメールにて条件をお知らせいたします。
メールのない方にはお電話にてお知らせいたします。電話されることが嫌な方はご来社されれば直接ご説明いたします。
登録【希望条件登録】はこちらから(無料)
Copyright(C) All rights Reserved by 朝日クリエイト有限会社
東京都小平市たかの台44-8